看護部トップ

看護部長挨拶

北陸中央病院は、急性期・回復期・慢性期の病棟を有し、どの状態の患者さんにも対応できる公的病院としては比較的珍しい機能を持った病院です。この機能を活かして、地域の皆さんに対して切れ目のない医療を提供したいと思っています。医療の必要度が高い急性期病棟は小矢部市には当院しかなく、地域の医療を担い、重症な状態の患者さんを救う役割を果たしています。また、急性期医療を終えて在宅復帰まであと少しの治療を要するとき、地域包括ケア病棟では患者さんが日常生活の場に戻ることができるように「生活の質」を大切にした医療・看護・介護を行っていきたいと思っています。患者さんとご家族が安心して当院から在宅医療に戻ることができるように地域医療連携センターのスタッフとともに努めています。医療の必要度が比較的低いとされている療養型病棟においても当院の場合は医療型療養病床であり、治療を続けながら在院日数にこだわらないアットホームな入院生活になるよう心がけたいと思います。

今後、高齢化が加速度的に進み、認知症や慢性疾患が増加するなかで、わたしたちは、地域の要望に応えられるような高い倫理的感性と専門的な知識と技術を身につけた専門職でありたいと思っています。地域の人々が健康で幸せな生活を送ることができること、地域の人々の暮らしと医療を支えること、住み慣れた地域に戻ることができるように看護・介護の質の向上を目指して参ります。

看護部の勤務環境に目を向けると、北陸中央病院の場合、現在約8割の看護職員は既婚者であり、仕事と生活の調和をとりながら長く働き続けられるのが当院の強みとして挙げられます。富山県看護協会主催による「ワーク・ライフ・バランス推進事業」に積極的に参加し、それを終了した後もそのマインドは定着し、離職率も低く時間外勤務も短時間です。専門職としての資格をいかしつつ長く勤務ができるように勤務環境の改善に取り組んでいます。地域の皆さまをはじめ、公立学校共済組合員および病院職員から愛される看護部でありたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

看護部長  佐伯 久恵

看護理念

患者さんの人権を尊重し、安全で信頼される看護・介護を提供します。

看護部ビジョン

看護部のビジョン

PageTop